東日本大震災から6年

東日本大震災発生から6年が経過しようとしています。

福島県の被災者が他県で辛い目にあっているという報道を聞くと心が痛みます。

地元をはなれ各地で生活されている被災者のことを考えるにつけ、日本はいい国なのか疑問に思います。

北海道から一人で震災のボランティアに参加したときの光景は今も目に焼きついています。あの光景は悲しみをはるかに越えていました。

あの被害をくぐりぬけて生き抜いている人達に対する発言には怒りがこみ上げてきます。「放射能に汚染されている」、「賠償金がたくさん入った」なぜそんなことを口にする?

東日本大震災をひとごとのように語る、こころない人々・・・・・

皆、自分だけが忙しく大変だと思っているのでしょう。

「忙しい」という字は「こころ」を「亡くす」と書きます。